矯正歯科に通い始め抜歯の為に大学病院へ行きました。そこで歯科衛生士さんがいろんなアドバイスをしてくれました。

矯正歯科の基礎知識
矯正歯科の基礎知識

矯正歯科通院中の歯科衛生士との会話について

矯正歯科に通っている時に親知らずが横向きに生えているので、その親知らずが歯を押していて歯並びが悪くなる原因だと指摘されました。矯正歯科では親知らずの抜歯は出来ないと言われたので大学病院へ抜歯に行く事にしました。私は当時歯の抜歯は一日で終わるし、そんなに痛くないと簡単に考えていました。実は大学病院で抜歯を予定していた3日後に海外旅行を予定してましたが、抜歯とは無関係だと考えてまいた。しかし予約日に大学病院へ行くと先生から大変な治療だから痛みとめは必須になると言われました。痛み止めは飛行機でも飲めるし問題ないと感じました。先生が席を外している時に担当の歯科衛生士さんに海外旅行に行く事を何気なく話しました。すると慌てて今日の抜歯を止められました。

歯科衛生士さんが言うには私の親知らずは歯茎に埋まっていて、しかも横向きに生えているので歯茎を切開して抜く大変な治療でしばらくは消毒の為に通院しないといけないからという事でした。そして私の海外旅行の件を先生に話してくれました。先先も同じ意見で今日の抜歯は止めるか、海外でホテルの近所に歯医者を見つけておいた方がいいと言われました。まさか、歯を一本抜くだけでそんな大げさなことを言われるとは思っていなかったのでビックリしましたし矯正歯科の先生は簡単な抜歯と言っていたので予想外でした。結局その日の抜歯は断念しました。旅行から帰国後に改めて抜歯したのですが想像以上の腫れと痛みでとても海外旅行どころではありませんでした。あの時歯科衛生士さんに海外旅行の話しをしなかったらと思うとぞっとします。

【参考】

Copyright (C)2017矯正歯科の基礎知識.All rights reserved.