矯正歯科は色々な不正歯列に応じて治療案をだしてくれます。一度歯科医院に相談をするといいと思います。

矯正歯科の基礎知識
矯正歯科の基礎知識

矯正歯科と不正歯列と歯科医院

矯正歯科にも色々な治療例があります。一口に歯列が悪いといっても色々なケースがあります。顎が小さい人は歯が生えるスペースがないので、どうしてもがたがたの歯並びになってしまうことが多いです。こうなると、治療するには抜歯をしてから治療をすることになります。乳歯の頃から治療をする場合は、この限りではありません。また出っ歯や反対咬合などもあります。出っ歯の場合は8歳頃からの歯列の治療が最適みたいです。出っ歯の場合は歯の萌出する向きに問題ががあったり、顎の成長に問題がある場合もあります。受け口の人は、比較的小さい頃からの治療が望ましいとされています。受け口の場合は少し難しい治療になるので、長期間の治療を覚悟したほうがいいと思います。

他にも不正歯列の例としては、開口やすきっぱなどがあります。開口は指しゃぶりなどので悪癖が原因になっていることが多いので、まずは悪癖を直す必要がありそうです。すきっぱは生まれながら歯が少ない人などにも見られます。いずれにせよ、不正歯列で悩みがある人は一度歯科医院に行ってみてもらうといいと思います。その人の不正歯列にあわせて、最適な治療方法を見つけてくれると思います。矯正歯科を専門に行っている歯科医院もありますし、丁寧に説明をしてくれるところもあるので、自分の納得のいく治療をしてくれる歯科医院を見つけて、治療に専念して欲しいと思います。きれいな歯列は一生の宝物になると思います。

【参考】

Copyright (C)2017矯正歯科の基礎知識.All rights reserved.