矯正歯科は歯科医院で乳歯の頃から治療することによって、歯不正歯列になることを防止することができます。

矯正歯科の基礎知識
矯正歯科の基礎知識

歯科医院で矯正歯科をしてもらう

子供の頃から矯正歯科を始めることができまうす。精密にいうと、子供の頃の乳歯から永久歯に生え変わるまでの間に、永久歯が適切な位置に生えてくるように誘導する治療方法があります。歯列は乳歯の頃から決まってしまいます。乳歯の頃はできればすきっぱのほうが望ましいのです。乳歯の頃にすきっぱだった場合は、永久歯がスムーズに生えてくるスペースを確保することができるので、きれいな歯列になります。なので、乳歯の頃にあまりぎちぎちだと、大人になったときに不正歯列になってしまう可能性があります。矯正治療は大人になってから治療するほうが費用が高額になってしまうことが多いです。なので子供の頃から歯列のことを気にして、上手に永久歯が生えるように誘導してあげることが大切だとおもいます。

また矯正装置にも歯の動きが早い矯正装置や、透明で目立たない矯正装置、歯の裏側につけるリンガル装置などがあります。それぞれ追加料金がかかるので、基本の料金で治療をした人は普通の矯正装置で治療することになります。他にも診療時に毎月5000円ほどかかる歯科医院がほとんどなので、お金は多目に用意して治療にあたって欲しいと思います。治療を終えた後にも後戻りを防止する装置をつける必要がありますし、診療もしに行く必要があります。歯列矯正は医師だけの努力ではできませんので、自分から積極的に歯列を良くする意識が大事だと思います。矯正は強い意志が必要です。

【参考】

Copyright (C)2017矯正歯科の基礎知識.All rights reserved.