矯正歯科を子供が行う場合は、小児歯科の診療も行っている歯科医院に行くのが望ましいと思います。

矯正歯科の基礎知識
矯正歯科の基礎知識

矯正歯科と小児歯科について

矯正歯科は治療代が高いですし、治療期間も長いです。なので、治療を考えている人は小さい頃から早めにしか医師に相談をして、小さい頃から歯列矯正をできるようであれば、乳歯の頃から治療をすることをオススメします。矯正歯科は乳歯の頃から視野に入れて矯正治療をすることができます。もちろん永久歯になってからの治療もできますが、歯列が心配な人は子供が小さいうちからとりあえず相談だけでも医師としておいたほうがいいと思います。手を早く打つことで、矯正治療の選択肢も広がりますし、被害を最小限に抑えることもできます。乳歯の生え方次第で永久歯の生え方が決まってしまいますから、親は子供の歯についてよく見ていてあげて欲しいと思います。

歯科医院によっては小児歯科も矯正歯科も行っているところもあるので、小さい子度のうちから矯正を考えている人はこのように小児も矯正も、専門的に治療をしている歯科医院にかかることをオススメします。子供なので、何か問題が起こればそのまま小児のほうで診てもらうことができますし、同時に矯正治療のほうもすすめることができます。歯科医院によっては小児しかと矯正歯科を一緒に行っていないところもあると思うので、子供の矯正を考えている人は、どちらも診察を行っている歯科医院に行くと何かと便利です。大人の場合は普通に診療してもらうことができますが、子供だと小児歯科で診療してもらわなくてはいけないと思います。

【参考】

Copyright (C)2017矯正歯科の基礎知識.All rights reserved.